幸せな一日

昨日から大阪に来ております
 
何故なら遊び、いやいや、
訓音さんが第七回全国青森県民謡コンクールに出場されるので、
その応援にやって来ました
 
訓音さんは私の身体の一部のような存在なので、
二三日前から私が勝手に緊張しており、
向かう車中では、うっすら吐きそうになるくらい、
緊張しておりました
 
訓音さんは歌もお上手ですが、三味線がメインの方で、
今回も今日同じく大阪で開かれる全国津軽三味線コンクールに出場されるのが、
メインイベントではあるものの、
歌にも真摯に向き合ってせっかくの機会なので挑戦してみたいということで出場されました
 
なので、正直優勝を狙うというよりは、
自分の歌を専門家や愛唱家の皆様の前で歌わせていただき、
そのダイレクトな反応を肌で感じ、これからも歌にも精進するという気持ちで
出場されていたので、
私もある意味では気楽なのですが、
大会に向け一生懸命精進してこられた訓音さんを近くで見てきたので、
なんとかいつもの自分の歌が歌えますように
 
という願いの緊張が身体を駆け巡り、手足が冷たくなっておりました
 
結果は、なんと津軽あいや節部門で「優勝」に輝きました
 
結果は紙に張り出されるのですが、
入賞でもしたら今後の励みにもなるな~と思って私が見に行ったところ、
なんと優勝のところに訓音さんの名前が書いてあるではありませんか
 
あまりにもびっくりして二度見、三度見をしても、
そう書いてあるので喜びと驚きが頂点に達し、
紙の前で一人大騒ぎして、紙の前に集まっていた人達が私の様子に、どん引きして私から離れるという事態に陥った程です
 
ハッと我に返り、そうだ各部門優勝者で争う王座決定戦があるから、
訓音さんに知らせなくてはと思い、楽屋に走りました
 
案の定訓音さんは荷物をまとめて、リラックス中、
そうなんです、歌い終わってから二人ともすっかりリラックスして
楽屋で写真を撮ったり、ガイドブックを見て今晩の食事に心を躍らせていたのです
 
訓音さんに優勝を告げ、自分の目でも確認してもらい、
10分後に行われる王座決定戦の準備に入るよう話して、
私は、もう一度伴奏して頂く本部伴奏の先生にお願いにあがり(もちろん訓音さんもきちんとご挨拶されました)
またしても緊張が戻って来てしまいました
 
今度は優勝したことで本人が緊張したり、プレッシャーに感じたりして、
思うような歌が歌えなくなりませんように
喜びの中、楽しんで歌えますように
と祈っておりました
 
惜しくも王座には届きませんでしたが、本当に素敵な歌をしっかりと歌い切り、
審査員の先生に個別に、お声をかけて頂き、励ましとお褒めの御言葉を頂くことができました
 
私も本当に嬉しかったです
 
部門の結果を見た時に涙が溢れてきてしまい、
知り合いの方に、「泣くとつけまつげが取れますよ(笑)」とお声をかけて頂き、
我に返りました
 
 
夜は、同じく今日の三味線大会に出場する、土生みさおちゃんと合流し、
ふぐ料理にてお祝いをし、
伴奏をつけて下さった内田實先生小百合さんご夫妻の、
民謡酒場ことぶきにお礼を兼ねて遊びに行って来ました
 
そこでもファミリーの皆様を中心とした、大変素敵なショーを観せて頂き、
本当に幸せな一日でした
 
さぁ、今日は訓音さん、みさおちゃん、共に出場する三味線大会です
 
応援団長頑張りますよ
 
その前にちょっと難波で遊んで行きますけど

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)