no title

地震発生から8日目、
まだまだ予断を許さない状況が続いております。

原発問題、停電、物資の不足等、
あげればきりがない程の問題がまだ山積みです。

一方で、この三日間程の間に、仙台市内など少しずつライフラインが復活し、
復興への第一歩を踏み出そうとしているようです。

電話も少しずつ通じるようになり、
私も何人かの被災地の方々とお話やメールなどさせて頂いたり、
知り合いのブログなどで状況を知ることができました。

そこで感じたこと、それは皆さん前向きだということです。

勿論、私がお話できた方々は避難所にいらっしゃる訳でもなく、
被害にはあわれたもののお元気で、家も失われた訳ではないので、
未だ避難所にいらっしゃる方々、
家やお身内を亡くされた方々とは状況が異なるかもしれません。

加えて、私がお話させて頂いたほとんどの方が芸人さんで、
元々前向きな方が多いこともあるでしょう。

しかし、皆さん一様に、前向きで明るくお話して下さり、
心配する私に対して、逆に「こちらは大丈夫だからそんなに心配しないで~」と優しいお心遣いを下さる程でした。


もう一つお話したいこと。

毎日被害の状況や、地震や津波の瞬間の映像が、テレビで放送されています。
それは勿論、私達国民が知ることで痛みを共有したり、
被災地の方々に必要な物、
今後備えるべき事態・物を知るために必要なことではあるでしょう。

しかし、我が家ではこんなことがありました。

私は仕事柄、被災地に知り合いが多く、
その安否や被害状況を知るためにテレビを見たり、
電話をしたりして情報を集めていました。

するとBeeが、「お母さん、これが地震?」「お母さんのお友達も地震で死んじゃったの?」と聞いてきたのです。

あわててチャンネルを変えて、
その代わりに今回の地震のこと、
そして被災地の皆さんはじめ日本中が助け合っていることを
私の言葉で話しました。

4歳のBeeには、テレビの刺激は強すぎ、
私が暗くあたふたしているのも敏感に感じ取っていたようで、
親として反省しました。

これからは被災地の方々のことは心におきつつ、
私も日本人として、表現者として、
そして母としてしっかり前を向いて、歩いて行きたいと思います。

前を向いて顔を上げて歩み、
被災地の方々はじめ、様々な方に必要なこと、
そして自分が必要とされる時をしっかりとキャッチしたいと思います。



さあ、明日はBeeのお誕生日です。
しっかりお祝いしなくては!

このブログも地震が起こる前のように、
日々の生活を綴っていきたいと思います。


いろいろとご意見もあるかと思いますが、
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)