今月の東海風流チャンネルは静岡県の民謡「下田節」です!

今月の東海風流チャンネルは「下田節」です。
昔から水野詩都子としては唄っておりましたが、
東海風流プロジェクトとして発表するにあまり様々な資料を調べ直して、
どう唄ったら皆様に曲の良さが伝わり、
沢山の方々に唄って頂けるようになるか、
何年もの月日をかけて秀五郎さんと検証しました。
私個人の名義で唄う時と東海風流プロジェクトとして曲をご紹介する時は分けて考えています。
検証は大変だけど、ただただ好きで唄って来た私がほんの少しでも民謡の普及継承に役に立てるならばこんなに嬉しいことはありません。
これからも頑張ります!

――――――――――――――

今月の東海風流チャンネルを公開しました。
今回は静岡県の民謡「下田節」をお届け致します。
江戸時代末期、江戸を中心に大流行した
酒席の唄「二上り甚句」でしたが、下田は
海上交通の要衝(ようしょう)として全国の船が集まり、
更に江戸幕府により船の番所が設けられ、江戸行きの船は必ず
立ち寄ったため、花柳界が発達し、「下田節」は酒盛り唄から
座敷唄へと磨かれていきました。


東海風流チャンネル vol 63「下田節」編
動画リンク
https://youtu.be/X4W0tJfu8SA
からご覧頂けます。御覧頂けたら幸いです。