津軽三味線石井流創立30周年記念公演

昨日は宮崎にて津軽三味線石井流創立30周年記念公演に出演させて頂きましたm(__)m

石井先生の想いが沢山込められた舞台。
それに応える御弟子さん方。
そんなお姿に私は終始涙ウルウルで、一緒に出演して同じ様にウルウルな福士あきみちゃんとヤバいヤバいとずっと言ってました(((^_^;)
泣くと唄えなくなってしまうもので(((^_^;)

今回沢山唄わせて頂きましたが、
ソロで津軽じょんから節中節を唄わせて頂きまして、
伴奏を御高弟の石井秀歩さんが務めて下さったのですが、
それがもう感動爆発で(;o;)

私が唄う津軽じょんから節中節のリズムはあまり一般的では無いので、
資料を送らせて頂きました。
その伴奏は故福士豊秋師匠。
豊秋先生独特の手(フレージング)が折り込まれ、
軽やかな中にも唄をしっかりと支え、時にはリードする素晴らしい伴奏です。
秀歩さんは本当~~~に聞き込んで練習して来て下さったことがよくわかる伴奏でした。
そして唄う私に真っ直ぐに、必死に向き合って下さっていることがよくわかりました。
後ろで弾いていらして私が前のめりになりそうになるぐらいの気合いでした。

そして、豊秋先生独特の手(フレージング)をそのまま使って下さっていました。
津軽三味線は奏者独特の手が命、
別の奏者の手を弾くことを認めて下さった石井先生の温かさ、度量の大きさ。
そこにはきっと親交があった豊秋先生への、石井先生の尊敬や感謝の想いが込められているのだと思うと、もう涙腺爆発で、、、

本当に素敵な時間を過ごさせて頂きましたm(__)m

石井先生、石井流の皆様、ありがとうございましたm(__)m

写真は石井秀弦先生&よく似た着物を持っていることがわかったので、
合わせて着てみた「ムラサキ~ズ(笑)」、
伴奏して下さった石井秀歩さんです(*^^*)
2023022718303684b.jpg

20230227183054362.jpg

20230227183131686.jpeg