しずごろう音楽教室 学校指導

先日、「しずごろう音楽教室」として東京都内の女子中学校に指導に行って参りました。
今回は三年生に向けて音楽のテストにも出題出来る様に「三味線についての講義」と、
民謡発声の体験、三味線の体験の指導をさせて頂きました。

講義中は熱心にメモを取りながら受講してくれました。

民謡の発声体験の前に、日頃生徒さんが唄っている聖歌を民謡の発声で唄うと、どよめきや歓声、拍手をしてくれました。
「めでたしマリア 祈り満ちみてり~♪」
まさかマリア様も民謡発声で、こぶしを入れて唄われるとは思っていなかったことでしょう(笑)

その後ソーラン節の見本歌唱でも「凄~い」と言ってくれ、民謡の発声や「こぶし」をそんな風に受け止めてくれたことがとても嬉しかったです。
前半部分を指導して一緒に唄うと、「こぶし難しい~!」「無理~(笑)!」と言いながらも大きな声で唄ってくれました。

三味線の体験では全員に撥も持ち方を体験してもらい、「小指痛い~」「え~これで弾くの?凄い~」という感想が。
「弾いてみたい人?」と聞くと多くの子が立候補して体験してくれ、立候補しなかった子も見ているうちにやりたくなった子達が自主的に交代して体験してくれ、
段々と生徒さん同士で教え合う様にまでなってくれました。

終了のご挨拶にはきちんとしたお辞儀を指導し、皆でしっかりご挨拶をして終了。
「礼に始まり礼に終わる」ことも指導致しました。

帰り際には「また来てください!」「またやりたい!」の御声も頂いて胸が熱くなりました。

子供達に民謡や三味線、日本文化について知ってもらい、少しでも身近に感じて貰える様、
「しずごろう音楽教室」は今後も学校指導に力を入れて参りたいと思いますm(_ _)m
20221112093650f91.jpg

20221112093803711.jpg

202211120938357ec.jpg

20221112093906710.jpeg

20221112093926540.jpg