名古屋をどり

昨日は「名古屋をどり」を観に行って参りました(^ー^)


昨日が初日。
まだまだ公演が続くので細かいことは書きませんが、
ちょっとだけ感想を(〃ω〃)

会場内には様々な工夫が凝らされ、
衣装をつけた人の絵が描いてあるパネルから顔を出せる物があったり(喜んで顔を出してみた(笑))、
休憩時間には演者さん方がロビーに出ていらして一緒に写真を撮って下さったりします(^ー^)


開演前の注意事項のアナウンスが御家元の西川千雅先生のお声で開演前からテンションが上がります( 〃▽〃)(私だけ?(^_^;))


様々な演目が色とりどりに演じられ、
お楽しみ頂けると思います。

舞踊やお芝居は勿論ですが、
ついつい地方さんに目と耳が行ってしまう私(^o^;)
常磐津の方のお声と表現力が素晴らしくてゾクゾクしちゃいました( 〃▽〃)
地方の皆様の息づかいを感じ、所作なども拝見し、
縁の下の力持ちである地方さんが、いかに重要な役割を担っているかを感じました。
表情一つ、所作一つが舞台の演出にもなるのです。
当たり前ですが演奏していない時でもいつでも緊張感と演じ手である自覚が必要。
大変勉強になりました!


偏った感想ですみません(^o^;)
これから観にいらっしゃる皆様は御自身の感性でいろいろ感じて頂ければと思います(^ー^)


名古屋をどりは11日日曜日まで、中日劇場にて。
皆様、是非お出掛け下さいませ(^ー^)


写真は四世御家元「西川千雅」先生と。
いろいろ頑張ってお手伝いをなさった(笑)三味線アーティスト「たなかつとむ」さんと。
あ、皆さん、パネルに顔入れてみて下さいね(o≧▽゜)o