YOSAKOIソーラン祭り終了!

YOSAKOIソーラン祭り、無事に終了しました!


惜しくもセミファイナル2位という悔しい結果でファイナルに進むことは出来なかったけれど、
チームの皆さんは精一杯の演舞をお客様に届けたと思います。


悔しい結果に悔し涙を流している皆さんの姿を拝見して、
何かに夢中になったり、皆で気持ちを合わせて一つのことに向かっている素晴らしさを感じました。
学生チームと違って、我がチームはかなりの歳の差のあるメンバーで構成されています。
そんな皆で気持ちを合わせて、一つの作品を作り上げていく、
その過程から得ている物は何よりの財産だと思います。


これからも、きっと皆で心一つに向かって行かれることでしょう。
そんな尊い瞬間に立ち合わせて頂いて、
とても光栄でしたし、学ぶことが沢山ありました。
皆さん、本当にありがとうございましたm(__)m


写真は昨日お会いできた仲間達、
民謡歌手の「加賀山紋」ちゃん(*^^*)
美しい上に顔ちっちゃ《*≧∀≦》

尺八奏者の「佐藤秀悌」さん(^ー^)
いつも北海道のお仕事で御一緒させて頂く仲良しさんです♪


そして、今回も沢山の方々に支えて頂きましたが、その中から少しだけ。


揺れる地方車の上でガンガン踊りながら歌う暴れん坊歌手(笑)の私が掴まるところが無くて困っていた様子を見て、
急遽掴まる棒を立てて下さった伸吾さんと野呂さん(が立てて下さった愛のこもった名前入り棒)。
おかげで、心置きなくノリノリで歌うことが出来ました!
ノリノリすぎて掴まる棒に指ぶつけて突き指&腕にミミズバレ作ったけど(^_^;)


そしてっ!
へなちょこな私を完璧にサポートして下さった音響の須藤さん&津坂さん!
このお二方のお力無くしては私は全て歌いきることは絶対に出来なかったと思います。
本番の何日か前から「地方車に準備しておくとよい物はありますか?」と気にかけて下さり、
ことあるごとに「喉は大丈夫ですか?」
「モニター大丈夫ですか?」
「耳やられてないですか?」
「疲れるといけないので座って下さい」(座るところもその都度準備して下さいます)
「もう少しですね。無理せず頑張って下さい」
「いい感じですよ」
「楽しそうでいいですよ!」
等々数えきれない程の温かいお心遣いを頂きました(^ー^)

その他、お祭り期間中沢山方々から応援して頂き、
沢山の温かいお気持ちに支えて頂いたおかげでやりきることが出来ましたm(__)m


本当に本当に皆様、ありがとうございましたm(__)m


心地よい疲労感と幸せな気持ちに包まれながら、
帰宅したいと思います(^ー^)