日本民謡協会全国大会

昨日は日本民謡協会さん主催の民謡民舞全国大会にてゲスト枠で歌わせて頂きました。


朝から喉の調子がよくないなぁと思いつつ、言い訳しない!黙っていつでもよい歌を、がプロ!と思いつつ頑張りましたが(今、言い訳しちゃってますね(--;))、
やはり撃沈(>_<)


声ひっくり返っちゃいました(;_;)


でも、一晩凹み明かした後の今は、
ひっくり返った後なんとか総崩れにならなかったこと。
まだまだまだまだだけど、自分が「津軽三下り」という曲で表現したいと思っている世界観や雰囲気はなんとか表現出来たかなと、
前向きに振り返っています。
アレルギー持ちにはちょっと辛いけど、体調管理は出来て当たり前のお仕事。
失敗が成功の元になるように、反省をしっかりしつつ、
前向きに頑張って行きたいと思います。


昨日は師匠である、福士豊秋先生、二代目成田雲竹女先生に伴奏して頂きました。
師匠の三味線の世界観やノリを感じて、太鼓に背中を押しつつ包んでもらって、
失敗しながら、いっぱいいっぱいになりながらもとても気持ちよく歌わせて頂きました。
優しい師匠お二方は凹んでいる私にとても優しくて、
終わった後はお褒めの言葉を頂きました。
本当に熱心に教えて頂いているので、感謝の気持ちは尽きませんし、
師匠に褒めて頂くのが一番嬉しかったりします。
これからも、師匠はじめ応援してくださる皆さんに感謝の気持ちを忘れず一歩一歩頑張って行きたいと思います。


会場で沢山の方々とお話させて頂きましたが、皆さんとても温かく、人っていいなぁ。
素敵だなぁ、ありがたいなぁ。と思いました。


お世話になった皆様、そしてお会いできた全ての皆様、
送り出してくれた家族に心から感謝致します。


ありがとうございましたm(__)m