楽しかったっ




先日の日曜日、松阪民謡会さんの公演に私のイチ押しの津軽三味線奏者のお一人の、
「神谷茂良」さんと共に出演させていただきました
 
神谷さんは、お上手なだけでなく魂のこもった全身全霊での演奏と、
演奏とは裏腹な、ひょうひょうとした雰囲気が魅力の
中部圏を代表、いや今や全国的にも屈指の津軽三味線奏者さん
 

こうしてご一緒させて頂き、伴奏までしていただけるのは光栄極まりないことです
 
神谷さんの伴奏は、歌いやすいのは勿論のこと、
歌っていてなんだか楽しい気持ちになれる不思議な感覚が生まれます
 
私の勝手な想像ですが、それは神谷さんが本当に三味線が大好きで、

御自身が舞台上での瞬間瞬間を心から楽しんでいらっしゃるからなのではないかと思います
 
私も、聞いて頂ける喜び、歌わせて頂ける喜び、その場に立たせてもらえている喜び、
など沢山の喜びと感謝の気持ちを持ちながら歌っていきたいと常々考えているので
そんな気持ちのこもった演奏を聴いたり、共演させて頂くと、とても楽しい気持ちになります
 

演者が楽しまなければ、お客様にも楽しんで頂けないですしね
 
私は、素晴らしく技巧に優れている演奏より、
たとえちょっと難ありでもハートを揺さぶられたり、カラーやメッセージのある演奏が大好き
 
(あ、勿論神谷さんには一切難は無いですよ)
 

そんな演奏には男女問わず、キュンとしちゃいます
 
私も、かなり難ありなのは直せなさそうなので、
ハート、メッセージ、カラーのある歌い手になりたい
 
そして少しでもいいから人の心に届く歌が歌えるようになりたいと思います
 

神谷さんと共演させて頂き、改めてそんなことを考えました。
 
このところ人間関係やら、人間的な自分の未熟さを実感したり、
芸での行き詰まりなど様々なことがあり、
落ち込みがちな私
 
神谷さんに触発されて少し上がれるといいなぁ
 

今は中島みゆきさんの歌がお友達
 
 
 
画像はステージの様子です。
 
松阪民謡会さんは地元の社中の方々が集まって作られている団体です。
 
今回も地元の先生方に伴奏して頂き、西物にも挑戦させて頂きました
 

地元の先生方からのリクエスト選曲の為、「正調博多節」や「磯原節」など
初挑戦の曲が満載で緊張しまくりでしたが、
温かく支えて頂き、なんとか歌うことができました
 
御世話になった皆様に心よりお礼申し上げます