沈没…


東京駅での打ち上げ後、訓音さんは新幹線にて名古屋へ帰られ、
私はといえば毎度お馴染み、みさおちゃんのお宅へ
 
到着後、まだ喋るのかっ
とツッコミが入りそうなごとくお互いひとしきり喋り、
11時30分頃から手合わせ開始
 
今回は私が前日心配で二時間しか眠れなかった上に、
お酒を飲んでしまったので、とりあえず前回手合わせをした時の私の歌に合わせたカラオケを作ってもらってみることに。
 
片耳にイヤホンをして前回のを聴きながら、三味線を弾き、それを録音。
 
東京と名古屋で離れていてなかなか手合わせできないので、
私の普段の練習の為にと思ってやってもらった、いわば私の為のつもりだったのですが、
案外これがみさおちゃんにも大きく役立ちそうだと判明
 
出来上がりを聴いてみると、ただ歌についていったり、合わせたりする気持ちだけだと
三味線のメロディーの流れが不自然だったり、
三味線が歌って無かったりしてしまうので、
歌に合わせながらも三味線自体もしっかりとメロディーが心地よい流れで進んでいたり、
三味線が歌っていたりするように弾くことを学ぶ資料となりました
 
アホな私はやりはじめた時、
自分の為にこんなことさせて申し訳ないなぁと思っていたのですが、
みさおちゃんはちゃんと、このことを見越していたようで、
私が上記のことに気付いた時、ちょっと得意気に話すと
そうだねと優しく答えてくれた様子には、だと思ってやってたよという感じが、
決して偉ぶることなく、何を今更という感じもなく私には伝わって来ました。
多分親友だからわかったけど、
そうでなければ、気付かないくらいに自然に。
 
ホント優しい子です
 
 
その後、とりあえず歌ってみるかぁと、
じょんからの新旧を歌ってみたものの、喉が悲鳴を上げて、
手合わせはこれにて終了
 
お風呂に入り、もう一喋りと意気込んだものの、
私の体力の限界が訪れ、2時30分にお開きとなりました
 
いつもは明るくなるまでやるのですが、
今回は早い終了でした