羨ましい


かなり前のことになりますが、
1月31日に御園座に「風に立つ仲三郎」という公演を観に行って来ました
 
お世話になっている加賀山昭先生と、
お嬢さんの紋さんが出演なさっている公演です
 
第一部は松本幸四郎さんによる舞踊、
第二部は新内素浄瑠璃
第三部新内舞踊でした。
 
そしていよいよ第四部は新内流しと越中おわら風の盆の共演です
 
加賀山先生の素晴らしく情緒的な唄声に
紋さんの、まるで胡弓が歌っているかのような素晴らしい音色に鳥肌がたちました
 
何ともいえないあの音色、
そして紋さんの美しさが、とても幻想的な雰囲気を醸し出していて胸がトキメキまくりでした
 
紋さんの美しさは本当にため息が出るほどです
 
以前ご一緒させて頂いた時に胡弓を弾き語りするお姿を袖から拝見して、
一目惚れしましたが、こうして客席から拝見すると
ますます美しくて女の私もドキドキしました
 
お人柄も素敵で歌も胡弓も素晴らしい
 
羨ましい限りです
 
また、お囃子をお三味線の方が弾きながらかけていらっしゃったのですが、
これまた何ともいえない雰囲気で、
なかなか真似できそうにない感じでした
 
前々から行きたい行きたいと思っておりましたが、
風の盆に行きたい気持ちがますます高まったのでした